SF

科学や未来技術の進歩が舞台となる物語のジャンルです。現実の科学的知識や仮想の技術を取り入れ、未来社会や異世界、宇宙航海などの要素を含むことが特徴です。科学的な根拠や論理的な展開が求められることもあります。

SF

レプリカント・メモリア – 最終章

アルタスのレプリカントと人間の関係が新たな段階へと進む。ミラとカインは、理解し合い、共存する未来を築くための活動を継続する。
SF

レプリカント・メモリア – 第7章

ミラとカインはレプリカントの真実を明らかにしようとする中、反対勢力との激しい戦いを繰り広げる。最終的に、共存の道を模索する決意を固める。
SF

レプリカント・メモリア – 第6章

ミラは重大な真実を発見する。レプリカントは人間の記憶を保存するプロジェクトから始まったことが明らかになり、彼女の役割が重要な鍵を握る。
SF

レプリカント・メモリア – 第5章

ミラの冒険は困難に直面し、レプリカントの秘密を守りたい勢力との間で激しい対立が生じる。彼女は前世の記憶が重要な鍵であることを悟る。
SF

レプリカント・メモリア – 第4章

レプリカントの起源を探るため、ミラとカインは冒険に出る。二人は過去の技術や資料を探索し、レプリカントたちの真実に迫る。
SF

レプリカント・メモリア – 第3章

自分がレプリカントであることを知ったミラは混乱し、自身の人生と記憶が真実かどうかを疑問に思い始める。彼女の起源とアイデンティティを探る旅が続く。
SF

レプリカント・メモリア – 第2章

主人公ミラは、自らがレプリカントであるという衝撃の真実を知り、前世の記憶と自身のアイデンティティの謎を解明するための旅に出る。
SF

レプリカント・メモリア – 第1章

未来都市アルタスで平凡な日々を送るミラが、突然の事故をきっかけに、自らがレプリカントであることを知らされる。彼女の冒険が始まる。
SF

クロノスの断片 – 最終話

キャサリンは時間の守護者たちと協力し、時間の流れを修復。現代に帰還し、過去の冒険を通じて得た知識と悟りを胸に新たなる未来を歩む。
SF

クロノスの断片 – 第3話

キャサリンは時間の守護者たちと対立し、その中で時間の尊重と自然の法則を悟る。対立と反省を通じて、真実と理解への道を探る。
SF

クロノスの断片 – 第2話

キャサリンが歴史の大きな出来事に介入しようとするも、時間の干渉は予期せぬパラドックスを引き起こす。歴史の修正と現実の歪みが交錯する挑戦。
SF

クロノスの断片 – 第1話

古代遺跡から発見されたクロノスの断片。アーチェオロジストのキャサリンは、この結晶体が時間を操る力を持っていることを発見し、その可能性に挑戦します。
SF

ステラリウム・ゲート – 最終章

レイアとチームの宇宙探索の旅が終結。彼らが持ち帰った異星の知識は、人類の未来を形作る鍵となる。
SF

ステラリウム・ゲート – 第6章

レイアとチームが地球へ帰還。異星での発見と経験を持ち帰り、人類の未来に対する新たな展望が開かれる。
SF

ステラリウム・ゲート – 第5章

レイアとチームは異星の先進的な文明の滅亡の謎に挑む。探索を進める中、文明の歴史と滅亡の真相が明らかになる瞬間。
タイトルとURLをコピーしました